[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1

こんにちは
レジデンシャル常盤台準備室の奥村です。

さて、今回は「育明会の成り立ち」と題して、
法人の設立から施設が建ちあがっていくプロセスをご紹介させていただきます

数回に分けて(不定期で・・・)更新を予定しておりますので、どうぞお楽しみに


~第1回~

社会福祉法人 育明会は昨年、平成21年6月19日に誕生したできたての法人です。
その記念すべき第1号の施設こそ「特別養護老人ホーム レジデンシャル常盤台」なのです


「レジデンシャル」はレジデンシャル・ソーシャルワークの実践の場として、
「常盤台(ときわだい)」は地名をそのまま取り入れました


法人設立後、まずは土地を整備・造成していくことから始まりました。
細かなお話しはさておき、こちらの写真をご覧ください

 
 2010110500.jpg

着工前、はじめはこのような場所でした。

 

施設の土地は写真の右側になりますが、
木が生い茂っている高い山がお分かりになりますでしょうか
これが私たちの自慢のひとつである裏山になります


ともあれ、この場所から全てがはじまりました。

 2010110501.jpg

山の一部を削り造成がはじまったところです。

「あれ?せっかくの森が寂しくなっちゃったよ?」

そんな声が聞こえてきそうですがご安心ください 森はしっかりと残しました。
当時山の上で撮った写真はこんな感じです↓↓

 2010110502.jpg

 

この裏山も今では遊歩道・「こもれびの径」として整備され
素晴らしいことになっているのですが、それはまた別の機会に・・・

山の造成が終わり、いよいよ施設本体の工事へと進みます。

本体工事が始まったのは今年の2月5日。

 

2010110503.jpg

およそ一月をかけて重機の搬入や地面の整備を行なって行きます。

 

2010110504.jpg

4月、いよいよ本格的に工事が進んでいきました。

・・・と、まだまだお伝えしたい事はありますが、本日はここまで

4月までをご紹介をさせていただきましたが、現在は11月。
いったいどこまで出来上がったのでしょうか

以降も、レジデンシャル常盤台が完成するまでをご紹介していければと思っておりますので、
乞うご期待

お読みいただきありがとうございましたm(_ _ )m

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新TB
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析