[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10

引渡しも無事済み、あとは備品や家具類の搬入を待ち望む今日この頃
今回は、各ユニットの入り口・・・家庭でいうところの玄関、
ドアにスポットをあて紹介します


この扉 準備室スタッフが言うのもなんですが、本当に素敵なんです
扉の桟には 着物の生地をはめ込んでみました。 

”何ということでしょう・・・。”

 2011022100.jpg

 2011022101.jpg

素敵な和のテイストに仕上がったのです
この生地・・・なんと、施設長の高橋の絽の着物が生まれ変わったものなんです。

着物は、その昔 ある施設の夏祭りに絽の着物を高橋が着たところ、
お年寄りが大変喜んでくれたとか・・・。

以来、毎年の夏祭りには、かならず絽の着物を新調して仕立てていたそうです。
施設長曰く “一生に一度しか着ない、自分自身へのご褒美”だったとか

それにしても、その着物を全部ほどいてしまったというのだから・・贅沢ですよね。

紺や黒、ピンクや緑・・ちょっとかわいい柄からモダンな柄まで・・
各ユニットごとに趣があって、フロアめぐりも楽しくなります。

和の柄が映えるように、扉の桟の幅をなるべく細くしてもらったそうです。
着物の色に合わせて桟に2本、3本いれたり、向きやバランスにこだわりがあり、
オーダーに応えてくださった 相鉄の青木さんありがとうございます

イチオシは紺地の藪にホタルの灯り・・・。

 2011022102.jpg

扉の向こう側に明かりが灯ると、まるでホタルが飛んでるみたい

余った生地も、各ユニットのある部分に生まれ変わるらしいですよ

これはオープンしてから探してみてくださいね

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析