[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
――当法人の理念は、「可能性の追求」――

2011062400.jpg

こんにちは、Mihiraです。
本日は、当法人の“長”、佐原理事長を紹介いたします。

まずは、これから当施設に就職する、または就職を希望している方々に向けた
佐原理事長自らのメッセージを掲載致します。


2011062401.jpg

「楽しくなければ仕事でない」がモットーです。

高齢者のリハビリでも同じで、辛い・痛いと思うことは誰もやりたくはありません。
当法人は、ただの遊びではなく、リハビリの一環としてレクリエーションに力を入れてきました。
リハビリへの抵抗感をなくすためには、楽しくなければならないと考えたからです。

こうした試みの意図は職員にも伝わり、自ら進んで楽しんでいます。
職員が我慢をしていたら「人に喜ばれる仕事」はできませんから。

当法人の主役はスタッフです。

ケアは「人」対「人」の仕事です。
これまでたくさんの経験を積んできた個性豊かなお年寄りたちと対峙するには、
職員にも個性が求められます。

そこで、当施設では職員の個性や特技をケアやリハビリに生かすために、
隠れた才能にスポットを当てる「君こそスタアだ」作戦を実施しています。

履歴書には書けないような特技や長所を、アンケート用紙に記入して、
理事長室に提出してもらいます。
自分では些細なものだと思っている特技や情報が、第三者にとって称賛に値するという事は
沢山あります。

それが、利用されている方々の生活に潤いや彩り、
楽しみを感じていただくことにもつながると思っています。

この春、特別養護老人ホーム レジデンシャル常盤台がオープンしました。

これを機に人材交流の仕掛けをつくり、ケアの質を共有し、
あえて福祉や介護の知識を持たない、幅広い分野の学部から新人を迎えています。

衣食住という生活の基本に関わるだけに、誰もがケアを知っているつもりでいますが、
実際にプロとしてサービスをすることは、みなさんが考えている以上に奥深いものです。

そこにやりがいや面白さを見出してほしいです。



――スタッフの個性を尊重してケアの質につなげていく。
そんなメッセージを贈る理事長も、実は!

2011062402.jpg
 
!?

とてつもない 【君こそスタアだ!】 でございまして、
都筑シニアセンターの広報誌 かかし通信2011年5月15日号 (PDFファイル(約6.0MB) )にて
特技? 趣味? 否! そのどれにも当てはまらない気がするスキルについて紹介されております。

一部抜粋。

---
何事にもこだわりを持って活動している施設長。
一番のこだわりは「食」とのこと。
そのこだわりが、ご自身が作られる料理に現れています。

「食」へのこだわりは、素材・調理法・盛り付け・器にも及びます。
一時はレストランのプロデュースも?
---

そう!

クッキング・スキルをお持ちなのです!



「料理なんてやろうと思えば誰でも出来るんじゃ……」
と思われた方のために。


潤い担当のこのMihira、気合を入れて撮影しました。



理事長の創作料理、
 
指をくわえてご覧ください。

2011062410.jpg
(高橋農園で育った菜の花使用)
 
2011062405.jpg

2011062411.jpg

2011062407.jpg
(高橋農園で育った菜の花使用)

2011062408.jpg
(高橋農園で育った菜の花使用)


 
いかがでしたか?:)

上の写真は、入社・辞令交付式にて、理事長自らが職員全員にふるまわれたお料理です。

すべて理事長のオリジナル料理。そして、料理に名前はついておりません。
そんなところも、理事長のこだわりとセンスを感じます。
 
2011062403.jpg
 
まだレジデンシャル常盤台は開設したばかりということもあり、まだ少しバタバタしておりますが、
行事などが行えるようになった頃には、畑の無添加野菜を使ったお料理などが、
皆様にふるまわれたりして……?

楽しみですね~!

佐原理事長ってどんな人? ――お料理を眺めていると、それがちょっぴり見えてくる気がします:)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析